※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

兵庫いじめ自殺、同級生が被害訴えていた

スポンサーリンク

 兵庫県川西市在住の兵庫県立高校2年の男子生徒が自殺し、背景にいじめがあったと指摘された問題で、同級生が「この生徒へのいじめがある」と学校側に相談していたことがわかった。

 2012年6月に同級生の女子生徒が「自殺した男子生徒の机がわざと違う場所に動かされている。自分の机にも同じことをされた」と担任教諭に相談した。担任教諭はいたずらをした生徒を指導したとしているが、その一方で男子生徒への聞き取りについては「本人からの訴えがなかった」として放置した。
 学校側は「男子生徒本人からの申し出ではなかったので、心理的に追い詰めないようにという配慮から聞き取りをしなかった」などとしたという。
 一方でこの時に対応していれば自殺は防げたのではないかとも考えられる。この時の対応が適切だったのか、検証が必要だろう。
(参考)
◎兵庫 いじめ通報も事情聞かず(NHKニュース 2012/9/16)