※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

いじめで意識不明の重体続く:埼玉・川越市

スポンサーリンク

 埼玉県川越市立中学校3年の男子生徒が入学直後から継続的ないじめを受け、2年生だった2012年1月には同じ部活動に所属していた3人から集団暴行を受け、現在も意識不明の重体が続いていることが、9月13日にわかった。

 この生徒は入学直後から、この3人から暴言を受けたり暴力を受けるなどのいじめを受けていた。しかし学校側は、被害者と加害者が授業中に揉めるなどの事象は把握していたものの、単なる同級生間のトラブルと把握していたという。2012年1月5日、加害者3人は被害者を公園に呼び出し、集団暴行を加えて意識不明にさせた。加害者は2012年2月、少年院に収容されたという。
 事件後学校側が調査を実施し、この生徒が入学直後からいじめられていたという証言があがった。
 第一報の段階で詳細はこれから明らかになるのだろうが、学校側の対応が適正だったのかが問われることになる。