※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

高校教科書採択への攻撃進む

スポンサーリンク

 しんぶん赤旗2012年9月11日付コラム『朝の風』が、高校教科書採択で「つくる会」側からの攻撃が進んでいることを紹介している。

 高校教科書採択は実質的に学校側が選定し、教育委員会は学校側の内定をそのまま追認する形になっている。
 しかし「つくる会」系右派の攻撃により、特定の教科書の何でもない記述がやり玉に挙げられ、「つくる会」系右派に目をつけられた教科書を採択内定した学校に対し、教育委員会側が採択を妨害し他社教科書に差し替えさせる例が、東京都と横浜市で起こっている。
 東京都の事例、横浜市の事例とも、以前に別のメディアでも報じられているが、問題となった教科書は実教出版の『高校日本史A』。新学習指導要領対応で、2013年度入学予定の1年生から使用される予定である。
 東京都では、同教科書の国旗国歌法に関する記述に産経新聞が噛み付き、それに東京都教委が呼応する形で、採択申請した学校に都教委が圧力をかけて採択をとりやめさせるなどした。
 また横浜市では、同教科書が教科書採択の問題を紹介していることに難癖をつけ、同教科書を採択申請した学校の意向を無視し、市教委の審議会が他社に勝手に差し替えた。
 これらの現象について記事では「前代未聞の異変」と紹介している。確かに、このようなことは今まで聞いたことがない。「つくる会」系右派が行政も取り込んで、なりふり構わない教科書攻撃をおこない、何でもない記述の教科書すら自分たちにとって不都合だと思い込んで敵視して、採択妨害をおこなっているのは、極めて重大な問題である。
 こういう攻撃を決して許してはならないし、阻止していくための世論を広げていくべきであろう。