※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

意に沿わないなら予算凍結?

スポンサーリンク

 橋下徹大阪市長は9月6日、全国学力テストの行政区別・学校別成績について大阪市教育委員会が市長か区長に提供しない限り、来年度の教育予算執行を凍結する意向を表明した。

 橋下市長の意向で、各行政区ごとの学校別成績を区長に開示する方針が打ち出されたものの、市教委サイドでは現時点では異論も出て結論が出ていない。そういった背景を踏まえたものとみられる。
 しかし行政区別や学校別の平均点を比較して、何の教育的意味があるのだろうか。人気校と不人気校の格差を固定させ、学校運営に望ましくない影響を与えるだけではないのだろうか。
 また首長が自分の意に沿わない内容に対して、予算執行凍結で脅すなどという行為も、教育の独立性・自主性からみて重大な問題である。