※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「こどもの救急」ホームページ開設

 日本小児科学会がこのほど、「こどもの救急」というホームページを開設しました。

 生後1ヶ月~6歳までの乳幼児を対象に、夜間や休日などの診療時間外に病気の症状を発症したり事故にあったりした際、すぐに病院を受診するべきかどうかの目安として活用することが期待されるということです。
 web上では子どもの症状についての質問が出るので、該当するところをチェックすると、「すぐに救急車を呼んで病院に行くべき」「救急車を呼ぶほどではないが、自家用車やタクシーなどですぐに病院を受診するべき」「自宅で様子を見るケース」などのアドバイスが出ます。
 また、病院を受診する際に医師に伝えるべき内容や、救急車を呼ぶ場合は119番で伝えるべき内容、自宅で様子を見る場合は看病の注意点なども、整理されて示されています。
 子どもの病気について専門知識のある保護者ばかりとは限らないので、子どもの異変に対して焦ってしまい、結果的に受診の際に症状をうまく伝えきれない・緊急を要しない事例で時間外受診することになったなど、保護者が混乱してしまうということは、珍しいことではないということです。
 乳幼児を持つ保護者で、インターネットに接続できる環境にある人は、普段からこのホームページをチェックしていると、万が一の際に的確な対応をとれるのではないかと思われます。
◆「こどもの救急」ウェブサイト http://kodomo-qq.jp/