※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

公教育の崩壊:学力テスト成績に応じて予算配分 東京・足立区

スポンサーリンク

 東京都足立区教育委員会は11月4日までに、区立小中学校に配分する予算について、東京都や足立区がおこなう学力テストの成績に応じて、成績上位校に予算を手厚く配分する方針を明らかにしたということです。〔『時事通信』2006/11/4〕〔『読売新聞』2006/11/4

 どこの酔っぱらいの与太話なのか…というわけではなく、足立区教委はいたって本気で提案しているようです。
 足立区のしようとしていることは、公教育の基本すら無視する、問題外の行為です。
 また足立区では、学力テストの学校別成績の公表や、学校選択制などをすでにおこなっています。現時点でもすでに学校の序列化や人気校・不人気校の格差が出ています。人気校・不人気校ともに、学校教育のゆがみ・ひずみが生まれています。
 学力テストの成績で予算に格差を付け、しかも学校選択制とセットで激しい競争をあおる――こんなことは児童・生徒のためにならないどころか、子どもの発達にとって極めて有害です。また保護者を混乱させ、教師も疲弊させ、学校教育制度全体をぼろぼろにさせる、こんなめちゃくちゃな制度は今すぐにでも撤回しなければいけません。
 しかしさらに予算格差まで付け加わると、これらのゆがみがさらに拡大することは目に見えています。
 こんな教育行政のあり方は、すぐにでも改められるべきです。