※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

卒業式で君が代不起立糾弾した維新大阪府議

スポンサーリンク

 大阪維新の会の西田薫大阪府議がブログに「残念な卒業式」とするエントリをアップした。

 西田氏は守口市の選出。地元の公立高校の卒業式に来賓として招かれたという。卒業式の君が代斉唱の際、不起立教員がいたとして、式場でそれを糾弾する来賓あいさつをおこなった。それを自らブログで記している。

式典の中、来賓紹介として一番最初にご紹介頂きました。
いつもなら「卒業生の皆さん、卒業おめでとう~」っと
大きな声で一言話しますが、
本日は
「皆さん、ごめんなさい」。
「社会の常識、社会のルールを教えるのも学校なのに、
そのルールうを守れない教員がいることをお詫びします。
ほんとうにごめんなさい。」と…。
こんな挨拶したのは初めてです。
(中略)
私は、ただただ純真無垢な子ども達に、お詫びの気持ちでいっぱいでした。
申し訳ない気持ちで、笑うことも出来ませんでした。
このような不謹慎で偏った思想を持った教員に、触れさせていたことに。
それも公教育の場に於いて。

 これには卒業生や保護者から「卒業式に水を差された」と批判が殺到し、ブログが「炎上」状態になった。

 そもそも、日の丸・君が代を強制すること自体、憲法の思想信条の自由に抵触するし、国旗・国歌法の趣旨からもはずれている。また学習指導要領でも、学校行事は生徒や学校の自主性を尊重して運営するよう指示されている。

 日の丸・君が代に対する意見はいろいろあっても、強制という手段自体が異常であり、しかも従わない相手を脅したりすることはもはや問題外である。

 日の丸・君が代強要派は、生徒のことなど眼中になく、ただ自らの思想信条を強引に押しつけることしか考えていないということがよく分かるものである。