※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

沖縄・八重山で右派公民教科書を選定答申

 沖縄県八重山地区(石垣市・竹富町・与那国町)の教科書採択が8月23日に実施され、中学校社会科公民的分野で育鵬社版が選定されました。歴史的分野については帝国書院が選定されています。

 今後選定結果を各教育委員会に答申し、26日以降正式に採択することになります。
 この地域では採択の際、委員の入れ替えなど協議会での不穏な動きが発覚し、「つくる会」系教科書採択の危険性があるとみられていました。このような教科書はきわめて危険であり、再考を求めます。