※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

教員採用試験の様子ネットに流出:大阪府

 2011年7月に実施された大阪府の教員採用試験で、受験生が試験の様子を隠し撮りしてインターネット上の動画サイトにアップしていたことがわかりました。

 「教員採用試験の採点内容がおかしい」という趣旨の書き込みとともにアップされたといいます。大阪府教委は、高校英語の採用試験を受験した受験生が関与したと判断し、今後調査をおこなうといいます。

 また読売新聞社が当該受験生に接触して取材したところ、受験生はアップロードなどを認め、「2年前にも採用試験を受けたが不合格となり、採点内容に不満を持っている。投稿は表現の自由だ」などとしたといいます。

 このような強硬策はほめられたものではないでしょう。一方で教員採用試験については、採点内容が不透明だという不満も多く指摘されています。行為そのものの是非という角度に加えて、教員採用試験のあり方という根本的な意味でも検討を要するでしょう。

(参考)
◎教員試験の様子を女性が盗撮、動画サイトで公開(読売新聞 2011/8/20)