※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

川崎市では教育出版採択

 川崎市教育委員会は8月7日に教科書採択をおこない、中学校社会科については歴史・公民とも、市内全4採択区で教育出版を採択しました。

 育鵬社や自由社の右派教科書は採択されませんでした。学校現場からの意見を元に採択をおこない、育鵬社教科書については「多面的・多角的な考察が見られない」などと否定的な評価が出たということです。
 神奈川県では県立平塚中等教育学校、横浜市、藤沢市で育鵬社教科書が採択されてしまいました。一方で、川崎市の適正な判断は支持できるものです。