※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「体罰」で重傷負わせた元教諭に有罪判決:大阪

スポンサーリンク

 大阪信愛女学院高校(大阪市城東区)で2009年、女子バスケットボール部の部活動の遠征先で3年生の女子生徒の手を蹴りつけ重傷を負わせたとして、当時顧問だった西弘二・元教諭(35)に対し、大阪地裁は8月4日、懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を下しました。

 女子生徒は全治246日間のけがと診断されました。判決では「行きすぎた指導で、罰金刑にとどまるものではない」と指摘しています。いわゆる「体罰」と称される暴行は指導に値せず、単なる暴力です。刑事罰としてもそれなりの判決が出ることは、意義があることでしょう。

(参考)
◎女子高生に全治246日の体罰 元教諭に有罪判決(産経新聞 2011/8/5)