※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

京都市でも「つくる会」系教科書採択阻止

 京都市教育委員会は7月21日に教科書採択を実施しました。中学校社会科歴史的分野・公民的分野とも日本文教出版の「中学社会」シリーズ(旧大阪書籍版)が採択され、育鵬社・自由社の右派教科書2社は採択されませんでした。

 京都市では右派教科書採択の動きもあり、反対運動も大きくなっていました。教科書選定委員会は各教科・分野の計9教科15種目ごとに上位2~3社を推薦していましたが、中学校社会科歴史・公民とも両社の教科書は上位には入りませんでした。各教科・分野とも選定委員会で1位評価を受けたものが採択されることになりました。
 右派教科書の阻止は当然であり、喜ばしいことだと言えます。
(参考)
◎京都市教委、中学校教科書を採択 新学習指導要領反映(京都新聞 2011/7/22)