※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

教科書採択で歴代教育長が申し入れ:沖縄

スポンサーリンク

 教科書採択に際して、沖縄県の八重山採択区(石垣市、竹富町、与那国町)の協議会が、会長主導で唐突に従来のやり方を改定して協議会主導の採択方式に変更しようとしたことに対し、「自由社・育鵬社教科書採択への布石」と危惧した石垣市と竹富町の歴代教育長8氏が7月19日、両市町の教育長に要望書を提出して懇談をおこないました。

 今回の採択に対して、以下のようなことが指摘されました。

教科書採択 何としても阻止 歴代教育長8氏が要望 侵略戦争を美化・集団自決強要認めず 石垣市・竹富町(しんぶん赤旗 2011/7/20)
 石垣市、竹富町、与那国町の3市町の中学校教科書を決める教科用図書八重山採択地区協議会(会長=玉津宏克石垣市教育長)は6月27日、会長主導で規約を唐突に全面改定した上、規約上の手続きを経ず会長が教科用図書調査員を選任。これまで行われていた推薦図書の順位付けを廃止し、教育関係者や保護者らの間で「自由社・育鵬社の教科書採択に向けた動き」との懸念が広がっていました。

 本来の手続きを無視してまでの会長主導の人選、推薦図書の順位付けの廃止など、今まで「つくる会」やその亜流が各地で強引におこなってきた手口そのものです。
 しかも両社教科書とも、戦争賛美、沖縄戦の集団自決を米軍のせいにして日本軍の強要を認めない、日本国憲法の制定過程への曲解、原発の一方的な推進など、多方面にわたって重大な問題を抱えているものです。決して両社の教科書を採択させてはなりません。