※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「学校裏サイト」対処マニュアル作成:東京

 東京都教育委員会は6月9日、「学校裏サイト」の実態を分析して対応法をまとめたマニュアルを発表しました。教職員向け資料として活用するということです。

 掲示板で使用されている隠語の紹介も交えながら、実態を深く分析しているのも特徴だということです。

タヒたい(死にたい=タヒは「死」という漢字を分解したもの)、瓜(うり=売春)、佐保(さぽ=援助交際をサポートに言い換え)、神待ち(泊めてくれる人を神に例え待っている状態)といったネット上だけで広まる隠語も説明。

 学校裏サイトでは、いじめや犯罪につながる書き込みや、自殺願望や虐待被害の告白とみられる書き込みなども発見されているということです。

 不適切な書き込みについては、可能な限り早期の対応が求められるといえます。

(参考)
◎隠語も説明、学校裏サイトで指導手引書…都教委(読売新聞 2011/6/9)