※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「君が代」起立条例、教育委員からも懸念:大阪府

スポンサーリンク

 橋下徹大阪府知事は6月8日、「君が代」起立条例について大阪府の教育委員と意見交換をおこないました。教育委員からは条例について懸念の声が出されたということです。

 条例については大阪維新の会のみの賛成で「100%の民意ではない」と指摘する声や、「府民の本当の願いはこういうこと(君が代の起立斉唱)で議論することなのか」という声、不起立教職員を処分する条例案についても「焦らなくてもいい」とする声が出されたということです。
 府教育委員は「公務員の規律厳格化をめざす趣旨については理解を見せた」ということで、起立斉唱自体は推進するものの条例などでの強制までは不必要という立場のようです。
 職務命令などで推進すること自体に問題が生じるとする立場からの懸念とはやや趣旨が異なるとはいえども、この条例は推進派からも懸念の声があがるような代物です。
(参考)
◎君が代条例「100%の民意でない」 府教育委員が懸念(朝日新聞 2011/6/8)