※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

桐生いじめ自殺:調査委員会の報告書明らかに

スポンサーリンク

 群馬県桐生市立新里東小学校の女子児童が2010年10月に自殺した問題で、児童の自殺の原因について、桐生市が設置した第三者調査委員会が「いじめだけが原因とは断定できない」とする趣旨の報告書をまとめていたことが、3月29日までにわかりました。

 こういう報告書がまとめられるのはある程度予測できたこととはいえ、やはりショックです。
 この事件ではいじめが原因とうかがわせるに足るような状況が次々と明らかになっています。またいじめ以外に心当たりがないからこそ、遺族もいじめ自殺だと訴えているのではないでしょうか。
 いじめが原因だと断定できないのなら何が原因だというのでしょうか。このような報告書は結果的に、死亡した児童や家族を中傷することにつながるのではないでしょうか。
(参考)
◎いじめだけが原因、断定できぬ…小6自殺報告書(読売新聞 2011/3/29)