※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

2011年度全国学力テストは当面実施見送り:震災の影響

 4月19日に予定されていた全国学力テストについて、文部科学省は3月18日、少なくとも7月末までの見送りを決め、都道府県教育委員会にその旨を通知しました。

 東北地方太平洋沖地震の影響によるものです。8月以降の被災地の復興状況を判断して、実施の可否を検討するといいます。
 1995年の阪神・淡路大震災でも、被災地では再開までに1ヶ月以上を要した学校もありました。今回の大震災では、学校再開にはもっと厳しい状況も予想されます。4月19日には全国学力テストどころか、学校再開自体がままならない地域が多く出る恐れもあります。今年の中止の判断自体は当然でしょう。
 その一方で全国学力テストのそもそも論から見れば、全国学力テストの実施は一人一人の学力の到達点を計測ずるものではなく、むしろ学校間・地域間の不要な競争と序列化を生み出すと指摘されてきたものです。本来は、仮に震災がなかったとしても、少なくとも現行方式での実施は中止されるべきものでしょう。
(参考)
◎全国学力テスト:8月以降に延期 4月19日の予定を(毎日新聞 2011/3/18)
◎学力テスト延期、文科省が通知(読売新聞 2011/3/18)