※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

給食を布に載せ食べさせる「指導」発覚:島根県の小学校

 島根県出雲市立塩冶(えんや)小学校で1年生を担任する男性教諭(50代)が給食指導の際、食べるのが遅かった児童から食器を取り上げ、布製のランチョンマットの上に食材を直接載せて食べさせていたことが2月10日までにわかりました。

 詳細な状況については、『朝日新聞』(web版)2011年2月10日配信『給食、布に載せ食べさせる 出雲の小学校「遅い子指導」』によると、以下の通りだということです。

 同小によると、教諭は昨年10月ごろから、給食を約30分間の時間内で食べきれなかった児童に対し、「食器を返す時間だから」などと言って、それぞれが家から持参して使っている布製のランチョンマットの上に米飯やおかずを直接載せさせ、食べさせていた。スープ類は汁を先に飲ませ、具だけマットの上に載せるなどして、家から持参のはしで食べさせていた。

 25人のクラスのうち7人の児童にこうした行為を強要していたという。

 保護者から学校側に苦情があり発覚したといいます。教諭は「給食指導のつもりだった」と話しているということです。

 しかしこんな行為は間違っても「指導」とはいえません。教師による悪質ないじめや人権侵害行為と見なされるべきものであり、決して許されるものではありません。

 当該教諭には断固とした措置を執り、再発防止策や被害児童へのケアも図らなければなりません。

(参考)
◎給食、布に載せ食べさせる 出雲の小学校「遅い子指導」(asahi.com 2011/2/10)