※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

甲府ストーカー教諭:3度目の調査でやっと処分へ

 山梨県甲府市立中学校の男性教諭(50)が、顧問を務めていた部活動に所属する女子生徒にストーカーまがいの行為を繰り返していた問題で、甲府市教育委員会は2月7日に3度目の調査報告をまとめ山梨県教育委員会に提出しました。

 3度目の報告書でやっと、教諭の行為をストーカー行為と認め、処分を求めると結論づけました。この教諭については、他校への転勤が決まった際に、生徒の成績一覧などを含む資料の処分を生徒に手伝わせて流出のきっかけを作った、別の問題も発覚しています。
 ストーカー事件は新聞報道されて公になりましたが、報道を受けて実施された過去の調査では処分を求めてはいませんでした。
 仮に新聞社が情報をつかんで新聞報道されなければ、そのままうやむやにするつもりだったのでしょうか。学校・教育委員会の根深い隠蔽体質を感じます。
(参考)
◎ストーカー教諭:甲府市教委再々調査 教諭「ストーカー的」と認定 /山梨(毎日新聞 2011/2/8)