※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

増える障害児 細る教育(asahi.com)

スポンサーリンク

 朝日新聞(web版)2011年2月7日配信記事『増える障害児 細る教育』で、特別支援教育の様子がリポートされています。

 静岡県の特別支援学校への取材を通じ、入学希望者の増加に伴う特別支援学校の過密化の状況や、教員養成が追いついていない現状などが浮き彫りにされています。
 記事によると、知的障害児対象の特別支援学校・静岡県立藤枝特別支援学校は、想定収容人数を大きく超えて児童・生徒を受け入れているため、教室不足のために1教室を間仕切りして使用したり、廊下での授業を実施するなどしているといいます。
 このような現象はこの学校に極端なものではなく、全国的にも同様の傾向が多数報告されています。この数年、特別支援学校の過密化の実態を訴える新聞記事は、各紙から機会あるごとに出されていたような覚えがあります。
 過密化解消と教育条件の改善は緊急の課題です。できるだけ早期に抜本的な対策が取られることが望まれます。