※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学生サークルの飲み会、大学へ事前届出制:佐賀大学など

 『asahi.com』によると、佐賀大学(佐賀県佐賀市)で、学生サークルがコンパなどの飲み会を開催する際には計画書などを提出させることにしたと報じられています。

 開催日時・場所・参加者氏名などを記載させた計画書と、未成年者の飲酒や一気飲みの強要などはしないという代表者の誓約書の提出を義務づけるとしています。2010年12月より一部のサークルで提出させたといいます。
 大学側は、2010年3月に同大学ラグビー部で発生した一気飲み死亡事故や、ほかに少なくとも2件発生した飲酒事故をふまえて、事故再発防止を図るとしています。
 また記事では、福岡大学(福岡県福岡市城南区)でも同様の対応をとっていることが指摘されています。
 事故再発防止という観点そのものは当然のものだとはいえます。その一方で、学生の自主的な対応によって一気飲みなどの無謀な行為を未然に防いでいくことが重要だといえます。学生への啓発活動などをまず強めるべきで、届け出制など管理的な対応が先にあるのには違和感を感じます。
(参考)
◎佐賀大、サークルコンパ届け出制に 一気飲みなし念書も(asahi.com 2011/1/6)