生徒に暴行・わいせつの中学校教師に罰金刑:愛媛

 勤務先の中学校で生徒指導と称して女子生徒に数十発平手打ちを加えた上、同じ日の夜には同じ生徒の体を触るなどしたとして暴行などの罪に問われた愛媛県松山市立北中学校の和田光教教諭(39)に対し、松山簡易裁判所は12月14日付で罰金40万円の略式命令を下しました。

 同教諭は即日納付したということです。
 この問題では、学校側が生徒側への聴き取りなどを十分にせず、また暴行に対する学校側の問題認識が軽くなっていたなどの問題点が指摘されています。
 愛媛県教育委員会では教諭本人に改めて事情聴取をおこなったのちに処分を決めるということです。厳正な処分が望まれます。
(参考)
◎生徒に暴行・わいせつ容疑の教師に略式命令(テレビ愛媛 2010/12/14)