※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

生徒に準強制わいせつの元中学校教諭に実刑:京都

スポンサーリンク

 京都市立中学校で運動部顧問を務めていた当時、マッサージと偽って女子部員の体を触るなどの行為を繰り返したとして準強制わいせつ罪に問われた元教諭(2009年3月懲戒免職)・今村和明(36)=京都市西京区=に対し、京都地裁は12月13日、懲役5年6月(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡しました。

 わいせつ行為自体がきわめて悪質な犯行であり、被害者の心情を考慮すれば実刑判決自体は当然です。その一方で、加害行為と比較すれば量刑は少なすぎるのではないかという思いもあります。
 また、この事件は決して特殊なものではなく、似たような事件は全国の学校で多数発生してしまっているのが現状です。このような変質者が犯行に及ぶこと自体を未然に防ぐために、可能な限りの対策を検討していかなければなりません。
(参考)
◎わいせつ事件 元教師に実刑(NHK京都 2010/12/13)
◎マッサージと称し、教え子にわいせつ行為 元中学教諭に懲役5年6月(産経新聞・web版 2010/12/13)