いじめで不登校、同級生らを提訴:福島

 「中学校時代にいじめを受けて不登校になり、学習の遅れを取り戻すのに2年はかかる見込み」だとして、福島県伊達市の男子高校生(15)とその両親が、加害生徒3人とその両親を相手取り、就労が遅れることへの逸失利益や慰謝料など約970万円の支払いを求める訴えを福島地裁に起こしたことが、12月7日までにわかりました。

 原告生徒は中学校在学時の2008年夏頃より、同級生だった加害者の男子生徒3人からいじめを受けるようになりました。2008年11月には加害者から集団暴行を受けてけがをし、その後は登校できなくなりました。
 生徒は中学校卒業後通信制高校に進学したものの、いじめや不登校の後遺症で学習に集中できず、学習の遅れを取り戻すのに少なくとも約2年かかると判断されているといいます。
 加害生徒側は河北新報社の取材に対して、「申し訳ない気持ちはあるが、いじめたとは思っていない。ふざけてやっただけだった」と話したといいます。しかし加害者がいくらそのように主張しても、明らかにいじめですし、暴行を繰り返し不登校に追い込むなど許されるはずもありません。
(参考)
◎いじめで同級生らを提訴 「不登校、就労遅れる」 伊達(河北新報 2010/12/7)