※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

小学校外国語活動:先行実施の取り組みの様子

 小学校での外国語活動が2011年度から必修化されるのを前に、先行実施している小学校の様子を『しんぶん赤旗』が取材しています。

 同紙2010年11月24日付『来年度から週1時間必修化 小学校・外国語授業は今 教員にも不安「専任教員を」』によると、東京都内の小学校で担任教諭が英語を教えている様子や、複数の小学校教員からの意見が紹介されています。
 紹介されている授業では、担当の学級担任は「下手くそな英語を聞かせたくない」として自らは英語をほとんど話さず、CDの音声に頼る授業をおこなっているということです。
 また小学校教員は大学の教職課程などで英語指導法などを学んでいるわけではなく、英語が得意ではない、教えるのに自信がないという不安の声も複数紹介されています。
 条件が十分とはいえない状況で、外国語活動をおこなうことだけが先行決定した弊害が現れているという印象を受けます。もちろん条件がある地域や学校では外国語活動・英語教育の導入自体は選択肢の一つとしてありえるのでしょうが、現状では全国一律に必修化するには条件が不十分すぎるという印象を受けます。
 専任教員やALTの確保などの人的措置も含め、これまでの外国語活動の取り組みを多面的に検証していく必要があります。また2011年度からの必修化についても、今からでも見送ることも視野に入れてもよいのではないかといえます。