※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

千葉県市川市で中学生自殺:学校側はいじめ確認

スポンサーリンク

 千葉県市川市立中学校2年の男子生徒が11月14日夜、自宅で首つり自殺していたことがわかりました。

 自殺直前の11月上旬に学校側がおこなったいじめ調査では、男子生徒は「いじめられている」と回答し、担任教諭の面談でもいじめ加害者の名前を挙げていたといいます。
 遺書などは見つかっていなく、家族は「最近成績のことでしかったことがある」として、いじめだけが原因かどうか確信できないとしているということです。
 しかしさいたま市立中学校のネットいじめ自殺事件(2008年10月)のように、自殺前夜に偶然別のことでしかるなどしていたため、自殺直後は家族は「それが原因ではないか」と当初は思っていても、後になっていじめを訴える遺書が出てきたという例もありました。
 現時点では情報は断片的ですが、慎重に調査していくことが求められます。
(参考)
◎中2男子、自宅で首つり自殺…いじめの可能性も(読売新聞 2010/11/17)