児童のわいせつ写真撮影、教諭を逮捕:静岡市

 静岡県警は9月4日、「宿泊学習中の宿舎で、就寝中の女子児童の服を脱がせて写真を撮影した」などとして、静岡市立小学校教諭・水野徹(50)=静岡市葵区吉野町=を準強制わいせつ容疑で逮捕しました。

 容疑者は2010年7月、駐車中の自動車内から通行中の女子児童を撮影していた疑いがあるとして警察官に職務質問されました。その際に女性の下半身を撮影した画像がデジタルカメラに記録されていたため、警察が容疑者のパソコンなどを解析していたということです。捜査の過程で女子児童の写真が出てきました。
 2009年10月の宿泊学習中、宿舎で犯行に及んだものとみられています。
 別件の事件から校内での行為が発覚した形にはなりますが、きわめて悪質なものです。