※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

刑事事件となった児童虐待、半年で181件:警察庁まとめ

スポンサーリンク

 警察庁は8月5日、2010年1月~6月に警察が摘発した児童虐待の件数は全国で181件だったと発表しました。

 前年同期比15%の増加で、2000年の統計開始以降過去最多となっているといいます。内訳は傷害が109件で全体の約6割を占め、暴行や性的暴行(強姦・児童福祉法違反)での立件もあるといいます。死亡事件は18件ありました。
 厚生労働省が7月28日に発表した調査でも、児童相談所が受理した児童虐待件数が増加していることが示されています。刑事事件としての摘発は虐待全体からみれば氷山の一角に過ぎないとはいえども、摘発件数も増えていることは、児童虐待問題の深刻さを改めて浮き彫りにしているといえます。