※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

幼少時の精神的暴力;自傷行為のリスク高める

スポンサーリンク

 鹿児島大学心身医療科チームの調査によると、幼少時に周囲から精神的暴力を受けた場合、自傷行為のリスクが高まるという研究結果が出たということです。
幼少期の精神的暴力、自傷行為の危険9倍 鹿児島大調査〔『asahi.com』2006/1/22〕
 子どもが他者の愛情をしっかりと実感できること・子どもが他者とつながっていると実感させることなどで、子どもが自己や他者を大切にする態度を育てることができるということが、この結果からもみられるのではないでしょうか。