※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

大阪府、私学助成さらに削減か

 読売新聞によると、大阪府の橋下徹知事が私学助成のさらなる見直しを打ち出しているということです。

 大阪府では2008年度にも私学助成が25%削られました。その影響を受けて大半の学校では授業料値上げを余儀なくされています。私学への助成は全国最低の水準にまでなっているといいます。
 今回は私立小中学校への助成を削減し、低所得世帯向けの私立高校授業料無償化制度に予算を回す構想だといいます。
 仮に実施されるとなると私立小中学校での授業料値上げが危惧されます。私学関係者は「いじめや不登校などを理由に私立に転校してくる子どももいる」と指摘し、一定の配慮を求めているということです。
 私学助成は、公教育という観点からもきわめて重要です。保護者負担へ極力配慮するためにも、私学助成を削除するのは避けていかなければなりません。
(参考)
◎橋下知事また私立小中の助成削減方針…私学反発(読売新聞 2010/7/31)