※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

悪質ないじめ事件発覚:岐阜県可児市立中学校

 岐阜県可児市立中学校1年の女子生徒が、同校2年の生徒5人から服を脱がされて携帯電話の動画で撮影されるなどの悪質ないじめを受けていたことがわかりました。

 被害生徒側は6月28日付で警察に被害届を提出しています。また可児市教育委員会や学校は6月29日に記者会見を開いて事実関係を公表し「いじめがあった」と認めました。
 加害者は2年の女子生徒4人と男子生徒1人だということです。校外のスーパー駐車場や加害者の自宅などに被害者を呼び出し、服を脱がせるなどして裸の写真や動画を撮影し、同校の別の生徒十数人に転送するなどの悪質な行為が少なくとも5回確認されたといいます。
 被害生徒が6月下旬に学校側に相談して発覚しました。学校側によると、加害者側はいじめを認めて被害者に謝罪したといいます。
 単なる謝罪ですまされるようなものではありません。犯罪と言っていいような悪質な行為です。また他のいじめ事件の実例からも、当面は謝罪したとしても、学校側や加害者側が今後被害者を攻撃する方向に転じる危険性もあります。
 被害者の救済、事実関係の解明と加害者への適切な措置、加害者側や学校側の責任逃れや被害者攻撃を防ぐ対策などが強く求められています。