※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

大阪府独自の学力テスト導入へ

スポンサーリンク

 大阪府教育委員会は6月24日、大阪府独自に実施する学力テストの実施要項を決めました。

 全国学力テストが抽出方式に変更になったことに伴い、これを補完する目的で導入するということです。小学校6年の国語・算数、および中学校3年の英語・数学・国語の各教科について、府内の小中学校・特別支援学校の全児童・生徒を対象に実施します。採点後、市町村別の平均点を公表する予定にしているといいます。

 全国学力テスト自体、地域別の平均点のみの狭い観点から、競争と序列化の風潮が生まれています。とりわけ大阪府では橋下徹大阪府知事の意向を受け、市町村別の平均点公表や競争をあおる風潮も生まれています。

 全国学力テストの抽出化を補完するとして府独自で学力テストを導入することは、自治体・学校間の競争と序列化の風潮を推し進めようとするものにほかなりません。現状での導入は、きわめて危険なものになることは目に見えています。

 むろん全体的な傾向を把握し教育行政としての施策に生かす、という意味での学力テストなら一般的には否定できないでしょうが、それならば抽出調査で十分です。

 また一人一人の到達状況を把握するというのなら、自治体単位で成績を集計し平均点を公表する必要はありません。