※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

教諭が暴行、不登校に:佐賀

 佐賀市立中学校の女性教諭(36)が6月16日、2年生の女子生徒を蹴りつけるなどしてけがを負わせていたことがわかりました。

 この日夕方、下校時間を過ぎても女子生徒3人が学校に残って部活動の相談をしていたとして、この教諭が帰宅を促したということです。
 この際に教諭は、1人の女子生徒が「笑ったように見えた」として激高し、この生徒への平手打ちを加え、さらに倒れたところを蹴りつけるなどの暴行を執拗に加えたということです。
 生徒は打撲などのけがを負いました。また暴行に精神的ショックを受け、事件翌日から登校できなくなったということです。生徒側は佐賀県警に被害届を出しました。
 事件は「指導」でも何でもなく、感情的な暴行にほかなりません。加害者に対しては、刑事処分も含めた厳正な対応をすべきです。