※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

佐世保同級生殺害事件:報告書の訂正を市教委に要請

スポンサーリンク

 長崎県佐世保市の同級生殺害事件(2004年6月)の事故報告書で「事件の遠因かのように読める記載をされた」として、当時同じ学級に在籍してい男子児童が人権救済を申し立て、九州弁護士会連合会が訴えを認めて関係者へ勧告をおこなった問題がありました。

 男子児童の母親は6月16日、佐世保市教育委員会に対し、勧告に従って報告書の訂正を求める申し入れをおこないました。市教委は「公文書の訂正には慎重にならざるを得ない。時間がかかるが、何らかの対応はしたい」としたということです。
 長崎県教育委員会に対しては、5月に同様の要請を実施しているということです。
 現時点では報告書の訂正は実施されていません。勧告に従い、早期に訂正が実施されることを願います。
(参考)
◎佐世保女児殺害 調査報告訂正申し入れ(読売新聞 2010/6/17)