※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学校事故・事件を語る会、情報開示要望書提出へ

 学校事故の被害者・遺族らでつくる「全国学校事故・事件を語る会」は、事件・事故の情報開示、被害者・遺族への二次被害の防止、事実解明のシステム作りなどを求める要望書を文部科学省に提出する方針を決めました。

 6月6日に神戸市で開催されるシンポジウムで参加者の承認を得たのち、正式に提出するということです。
 これまでも全国各地で、加害者の故意によるもの・教職員個人ないしは学校組織としての重大な過失が疑われるもの・不慮の事故を問わず、多くの学校関連の事件・事故が発生しています。学校や教育委員会が情報をゆがめたり隠蔽したりして、被害者やその関係者に二次被害を与える例も多く報告されています。
 中には、学校関係者が意図的に中傷を流す例や、加害者本人・学校関係者が「自分たちこそがややこしいことに巻き込まれた被害者」かのように装って騒ぐ例もあります。
 教育委員会にも、そういう対応を容認・推進するような発想があります。
 被害者は事故そのもので受ける心身の傷に加えて、学校・教育委員会の対応やそれに付随した嫌がらせなどで何重にも苦しめられることになります。
 学校関連の事件・事故では、事実関係の全容解明と被害者への情報開示こそが、被害者ケアという意味でも同種事故再発防止への教訓化という意味でも、きわめて重要になります。
(参考)
「情報開示を」 学校事故・事件語る会(神戸新聞 2010/6/5)