※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学テより独自テスト、希望参加では採点不安(読売新聞)

 4月20日に実施された全国学力テストについて、希望参加した学校での独自採点について不安の声があがっているということです。

 『読売新聞』2010年4月26日付『学テより独自テスト、希望参加では採点不安』が、背景についてまとめています。
 希望参加では学校の独自採点になりますが、採点基準にぶれが出て正確な把握ができないという声です。そのため、自治体独自の学力テストや民間テストを活用して代替とするという論理です。
 しかし全国学力テストはもともと、児童・生徒一人一人の学力を把握することを目的としていません。学校・地域間の競争を目的とするものです。批判を受け、後付け的に学力把握かのような口実を付けているだけです。
 「児童・生徒一人一人の学力把握を目的」としているかのような誤った前提から出発している限り、このような混乱は避けられないでしょう。