※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

児童虐待への取り組み強化:大阪府

スポンサーリンク

 大阪府は4月1日、児童虐待から子どもを守る取り組みを強化するため、虐待疑い事案に対する積極的な通報を呼びかけるポスターやリーフレットを作成したと発表しました。

 ポスターは大阪府内の飲食店・コンビニエンスストアなどに掲示し、リーフレットは乳幼児検診などの際に配布するということです。
 また橋下徹大阪府知事は同日の定例記者会見で、児童虐待について「気づいたらすぐに通告してほしい」と呼びかけました。
 大阪府内では、大阪市西淀川区(2009年4月)・門真市(2010年3月)など、重大な児童虐待事件が相次いで発覚しています。いずれも近隣住民が虐待の兆候に気づきながら、通報先を知らなかったことや逆恨みでの嫌がらせがあるのではないかと恐れたことなどで通報できなかったことが指摘されています。
 児童虐待先の通告先を周知徹底し、早期発見につなげるためには、住民への啓発の徹底が求められるといえます。その意味では、積極的な取り組みは重要になってくるといえます。

児童相談所全国共通ダイヤル
(全国共通番号・発信地域最寄りの児童相談所につながります)
0570-064-000