※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学力テスト答案改ざんで教諭処分:栃木

 栃木県教育委員会は3月25日、「2009年11月に実施した学力テストで、誤答を正答に書き換えるなどして成績を水増し・改ざんした」として、那須町立中学校の社会科担当の男性教諭(46)を同日付で減給処分にしたと発表しました。

 学力テストは3年生が対象で、民間業者が作成したものを実施しました。採点は業者が実施することになっていました。この教諭は社会科の答案について、業者に答案用紙を送付する前に出席番号の記入漏れ等がないかを点検していました。この際に誤答を正答に書き換えるなどしたということです。
 教諭は動機について「少しでも点が高ければ、生徒の張り合いになると思った」などと話したといいます。
 学力テストの答案を改ざんして成績を水増しする問題は、各地で発覚しています。例えば、2010年3月中旬に福島県いわき市立中学校で、類似事件が発覚したばかりです。テストの点数を一面的に評価する風潮が、このような事件の根本にあるのではないかといえます。