※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学生にマナー・モラル指導する大学

 読売新聞(web版)2010年3月3日配信記事に『通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導』というものが掲載されています。

 記事によると、各地の大学で新入生に対してモラルやマナーを教える取り組みが広がっているとのこと。

 東京女子体育大学・同短期大学(東京都国立市)では、「携帯電話をかけながら自転車に乗る」「カップ麺を食べながら歩く」などの学生の行為が目立っているとして、最寄り駅からキャンパスまでに学生が立ち、マナー向上を呼びかけるということです。
 京都大学(京都府京都市)では新年度から、薬物の危険性に関する特別講義を実施する計画です。また金沢大学(石川県金沢市)では1年生の必修科目「大学・社会生活論」でノートの取り方・ゴミ分別などを指導しているということです。

 「ネタ記事・ジョーク記事」かと疑いたくもなりますが、少し調べてみるとどうも事実のようです。

 こんなこと大学で教えることなのだろうかという思いがしますが、現場では「教えなければしょうがない」と判断せざるを得ない状況なのでしょうか。