※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

子ども条例案提出見送りへ:広島市

スポンサーリンク

 「広島市子ども条例案」を検討していた広島市は2月3日、同条例案の市議会2月議会定例会への提出を見送る方針を固めました。

 広島市では「子ども条例」が検討され、2010年2月議会への提出が準備されてきました。
 しかし一部議員や一部「市民団体」などが「過度の権利主張を招く」などとして強く反対しています。例えば広島市PTA協議会は「権利が濫用され、家庭でのしつけや学校での指導に混乱が生じる」などとして、条例を制定しないよう求める申し入れをおこなっています。
 反対派の巻き返しなどから、議会に提案しても賛否が拮抗する状況にあると判断した様子です。
 子ども条例案については本来、早期制定こそが望ましいものだといえます。「条例素案(pdf)」が公表されていますが、どこにケチをつける必要があるのかと思えるような内容です。条例に反対する人たちは、子どもの権利擁護や救済を掲げられると「都合が悪い」ようなことでもしているのでしょうか。