※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

認可保育園での死亡事故増加:保育所規制緩和以降

 市民団体「赤ちゃんの急死を考える会」の調査によると、保育所の規制緩和が進んだ2001年以降、認可保育園での死亡事故が増加していたことがわかりました。

 遺族からの相談や新聞報道などで把握できた事故を分析し、調査結果を導き出しています。

 会の分析によると、1961年度から2000年度までの40年間での認可保育園での死亡事故は15件(同会把握分)の一方、2001年度から2008年度までの8年間での死亡事故は22件(同会把握分)となっています。

 なお、保育所での事故については厚生労働省への届け出義務はないため、全体像を把握した全国的な統計はないということです。このため、明らかになっていない事故もあるかもしれません。

 厚生労働省ではこの調査結果に対して、「データがないため規制緩和との因果関係があるかどうかはわからない」としました。

 2001年には保育所定員の弾力化や非常勤保育士の制限撤廃などの規制緩和がおこなわれています。会の分析によると、2001年以降、保育士が目を離した際の事故や「経験不足の短時間保育士が穴埋めする現場が、事故の背景と思われる」ような事故が増加しているということです。

 限られたデータの範囲内での分析だとはいえども、規制緩和との因果関係を「不明」と結論付けられるようなものではないと感じます。

(参考)
◎認可保育園:事故死増える 01年度以降、規制緩和影響か--遺族ら調査(毎日新聞 2009/11/19)