※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

名古屋中3男子生徒自殺事件:生徒へのいじめあった?

 名古屋市名東区の市立中学校に通う3年生男子生徒が8月21日に名古屋市守山区の路上で焼身自殺した事件で、この生徒へのいじめがあったことが関係者の話でわかりました。

 学校によると2008年11月頃、生徒の服の汚れなどを不審に思った生徒の母親から「いじめられているのではないか」と相談がありました。調査の結果、生徒の持病などを原因にしたからかい・登下校中に道をふさいだりカバンを引っ張られていたことが判明し、関与した生徒7人への指導をおこなったということです。学校側は「指導直後の2008年11月中にいじめはおさまった」と認識していました。
 「おさまった」と認識していたいじめが実際は目に見えないところで継続していた、生徒はいじめの後遺症を発症していた、などの可能性も捨て切れません。あらゆる可能性を視野に、事実関係を解明することが求められます。