※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

こころの健康、中学校でも深刻化

スポンサーリンク

 東京学芸大学と製薬会社「日本イーライリリー社」が関東地方の公立中学校を対象に実施した調査によると、99%の学校で「こころの健康に問題を持つ生徒がいる」、84%の学校で「精神医療の専門機関を受診する生徒がいる」などという結果になったことがわかりました。

 学校をめぐる諸状況が深刻化していること、また社会状況全般の深刻化を反映して、こころの問題に関する状況が深刻化していることがうかがえます。
 こころの健康を維持するための方策、また万が一問題が生じても早期に対応できるような体制をとるためにはどうすればよいのか、考えさせられます。
(参考)
◎こころの病気で受診、84%の中学校に(読売新聞 2009/8/20)