※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

公立全日制高校卒業まで平均約63万円:日教組調査

スポンサーリンク

 日本教職員組合の調査によると、公立全日制高校で3年間にかかる費用は平均約63万円にのぼることが、7月31日までにわかりました。

 3年間の授業料は約35万6000円(基準額)で、このほか教科書・教材費、模擬試験費用、実習費用、修学旅行費、交通費、部活動費用などがかかります。
 普通科ではいわゆる進学校で教材費や模擬試験費用などが増加する傾向があり、また専門学科では実習費で追加負担が生まれる傾向があります。
 この調査結果からは、高校の教育費の負担が大きいことが読みとれます。
 高校授業料無償化の提案もあちこちでなされていますが、教育費の軽減のためにも無償化も含めた抜本的な対策が必要になってくるといえます。