※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「進学指導特色校」10校内定:大阪府

 橋下徹大阪府知事の意向を受けて大阪府教育委員会がすすめてきた大阪府立高校の「進学指導特色校」10校の設置について、大阪府教育委員会は具体的な設置校10校を内定し、6月の教育委員会に諮る方針を決めたということです。

 「進学指導特色校」には大学受験対策に特化した専門学科「文理科(仮称)」を設置し、学区不問で大阪府内全域から出願できるようにする構想だということです。
 『asahi.com』で報じられている具体的な学校名を見ると、やはり予想通りです。2006年度までの旧9学区制で「学区で一番受験難易度が高い」とみなされてきた9校全校と、いわゆる「2番手校」1校です。
 いわゆる「難関大学」への受験実績だけが高校教育のすべてではありません。このようなものを導入することで、大阪の公立高校教育は大きなゆがみを生み出すことにもつながります。「進学指導特色校」の具体化については強い危惧を感じますし、構想は撤回すべきではないかと考えます。
(参考外部リンク)
大阪府教委、受験重視の「進学指導特色校」に10校(asahi.com 2009/5/29)