※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

全国学力テスト成績非開示決める:愛知・瀬戸市

 愛知県瀬戸市教育委員会は5月11日、全国学力テストの市全体の正答率について、非開示にすることを改めて決めました。

 瀬戸市では市民からの情報開示請求があり、一度非開示措置にしたということです。しかし不服申立があり、市情報公開審査会が開示するよう答申しました。それを受けて改めで開示の是非を検討したところ、「非開示を前提にテスト実施に賛成しており、前提を覆す訳にはいかない」などとして答申を退け、非開示を改めて決定しました。
 この手の開示請求は全国あちこちで起こっています。全国学力テストの自治体別・学校別の平均点の開示では、平均点が全国平均や都道府県平均より上か下かということや各自治体間の順位にばかり目が向くことになってしまいます。こういう情報はもともと開示の必要もないと考えられます。
(参考)
◎学テ正答率非開示 瀬戸市教委、審査会の答申退ける(愛知)(読売新聞 2009/5/12)