※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

子ども向けの体育ビジネスが好調

 『asahi.com』によると、子ども向けの体育専門の家庭教師など、子どもの体力向上に焦点を当てたビジネスが盛況だということです。
子どもの運動音痴に家庭教師、請け負いビジネス次々〔『asahi.com』2006/5/9〕

 このようなビジネスが好調な背景としては、子どもの体力低下が社会問題化していることや、「公園でキャッチボールをしにくい」など遊びの空間が狭くなっていること、昨今の社会情勢から子どもを外で遊ばせにくい状況になっていることなど、複合的な要因があるようです。
 子どもの体力向上を目的としたビジネスが盛況になっているのは、いろいろな意味で現代という時代の特徴を象徴している現象だという気がします。