※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

さいたま市いじめ自殺:学校側の再調査報告

スポンサーリンク

 さいたま市立中学校3年生がいじめを訴える遺書を残して自殺した問題(2008年7月)で、さいたま市教育委員会と学校側が遺族を訪問し、再調査結果を報告しました。

 報道などによると、再調査では「いじめられていると思っていた」「仲間はずれにされているのを見た」「常に一人だった」などいじめの存在をうかがわせる証言も得られたものの、学校や市教委はこれらの証言を「憶測が含まれている」と結論付け、いじめを否定したということです。
 遺族は調査結果に不満を表明しているということです。不満は当然の帰結でしょう。また学校や市教委の結論も強引ではないかという印象を受けます。