※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「大阪府立大学交付金廃止検討」一部で報じられる:大阪府

 橋下徹・大阪府知事が大阪府立大学(本部・堺市中区)への運営交付金廃止を検討し、大阪市立大学(大阪市住吉区)との統合構想も視野に入れていると、一部で報じられています。

 現時点では橋下知事が府幹部に検討するよう指示を出した段階だと報じられています。橋下知事は「公立大に100億円が投じられているのはバランスが悪い。市大と統合し、大阪の強みを発揮してほしい」(産経新聞2009/2/10)と話したということです。
 現時点での報道の真偽については正直言って半信半疑なところはあります。しかし少なくとも、教育や学問研究の費用を削ることは、短期的には「節約」に見えるのかもしれないが、長期的にみれば損失につながっていくのではないかといえます。