※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

職員会議での挙手・採決禁止:東京都教委通知

スポンサーリンク

 東京都教育委員会は、学校運営について職員会議での教職員の挙手や採決をおこなってはならないという通知を、都立学校の校長に対して出したということです。

 学校運営の重要案件については管理職らのみによる会議で決定し、校長主導の学校運営を明確化するという目的だということです。
 しかしこのような都教委の通知は、学校運営にマイナスの影響を及ぼすだけだといえます。
 校長のリーダーシップについては「いろいろな意見をまとめ上げたり、まじめな提案は可能な限り反映する」などという民主主義的リーダーシップという意味なら、一般に否定されるものではないでしょう。
 しかし都教委の考える「リーダーシップ」とは、「トップダウン方式」という意味のようです。
 職員会議の機能を否定し、校長の独断での学校運営を実質可能にするという今回の通達は、学校運営に分断と対立を持ち込むものです。教職員にとっても、また良心的な校長にとってもマイナスの作用しかもたらさないものです。
 この通知に関して、教職員や識者からも「これで児童・生徒にどうやって民主主義を教えるのか」という声が出ているということです。この声については全く同感です。
 このような都教委の通知は、民主主義を否定するもので、撤回されるべきです。